完美世界~ペテルギウス鯖でこっそり生息する朱子蘭の生態報告

あれは・・・・・
確か7,8年前、日経トレンディを見ていて初めて知った「マイバッハ」!




1997年、ダイムラー・ベンツ(当時)は東京モーターショーに「メルセデス・ベンツ・マイバッハ」という名称のメルセデス・ベンツ Sクラスをベースとしたコンセプトカーを出展し、「マイバッハ」ブランドを復活させることを決定した。

2002年に「マイバッハ」ブランドよりショートホイールベースの「57」とロングホイールベースの「62」が登場。57、62のモデル名は後述のように、それぞれ車体の全長を表しており57の全長は5,723mm、62のそれは6,165mmである。

これらのモデルには、同社が考える最高の技術と厳選した素材が使用されており、車体剛性の高さと、それによる安定性やNVH性能は、メルセデス・ベンツ Sクラスを遙かに上回る。装備や仕様はオーダーメイドであり、内装の化粧板をウッドから大理石にすることも可能で、市販車としては最も高額な乗用車のひとつである。

搭載されるM285 型エンジン(M = モートル)はSOHCの水冷V型12気筒で、各バンクにターボチャージャーとインタークーラーを装備するツインターボである。5513cc の排気量から、550ps(405 kW )/5250rpm の最高出力と、2300-3000rpmの範囲で91.8kgm(900 Nm )の最大トルクを発揮する。

駆動方式は、大容量の5速ATを介した後輪駆動(FR/RWD)である。

2005年のジュネーブ・ショーにて、よりパワフルなエンジンと専用内外装を持ったスペシャルモデル「57S」と「62S」が発表・追加された。搭載されるエンジンは排気量を5980ccに拡大したV12 SOHC ツインターボで612ps(450kW)/4800rpmと1000Nm/2000rpmを発生する。

2007年11月の中東国際オートショーにて62Sをベースとした「62 Landaulet(62 ランドレー)」を発表。このモデルは、1920年代や1930年代によく見られた、後部座席側のみのルーフを開閉可能なソフトトップにした専用のランドーレット・ボディが与えられ、室内前後は電動パーテーションによって仕切ることができる。翌2008年1月に限定で生産されることが決定した。なお価格はベースになった「62S」の倍以上である。

2009年のジュネーブショーにて、戦前のモデルと同じ「ツェッペリン」の名を冠したモデルを追加。このモデルは世界限定100台で57と62に用意され、専用内外装と最高出力を640ps(470kW)に引き上げたエンジンが搭載された。

2011年11月に、ダイムラーは2013年までにマイバッハブランドを廃止すると発表。約10年間にわたってイギリスのロールスロイスやベントレーに匹敵する超高級車の生産に力を注いだものの、思うような利益が出せなかった。廃止後は、メルセデス・ベンツSクラスの最上位グレードで超高級車を生産する予定だという。



日本における販売


東京都港区にはメルセデス・ベンツ日本直営の六本木ショールームがある。訪問には予約が必要で、通常、商談は一日一組となっている。車両本体以外に、外板色、内装材の見本が全て取り揃えられており、色の組み合わせや、素材の手触りを実際に確認してから注文することができる。セールス担当者が顧客のもとで出張商談を行う際は、これらの素材をコンパクトにまとめた営業ツールを持参する。

2002年9月登場時の日本での販売価格は約4,100万円(消費税込)からとなり、最高級のオーダーメイドプランを組んだ場合は1億円にもなると言われる。装備の価格例としては、サンルーフが約180万円、電動パーティションが約400万円などで、パーティションとセットでインターコム・システムが装備される。

各モデルとも約150万円の追加料金により右ハンドル仕様車の選択も可能である。その後、数度の価格改定があり2010年後半時点では、「57」の右ハンドルで約5,000万円(消費税込)となっている。 なお2010年7月22日に日本市場に追加された「マイバッハ・ランドレー」の価格は1億4,200万円(消費税込)からである。

車両の購入にあたっては、代金を銀行振り込みとすること以外に特別な購入条件などは無い。ただし任意保険の加入条件は、保管場所の要件(世界最高級車であり盗難などの保安面のリスクが高い)を含め、それなりに厳しい。納車の際は、顧客の指定した時間と場所まで、専用のトランスポーターで運ばれる。目黒区に直営のサービス工場がある。新潟市のヤナセには57が常時、『超高級車』として展示されている。

2006年、日本での年間販売台数は18台(統計資料、日本自動車販売協会連合会)であった。


62の室内
サンルーフ付き、パーティション無し2010年半ばまでに「マイバッハ 57」、「マイバッハ 62」は全世界で累計2,600台以上、日本においても150台以上が販売されたという。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 朱子蘭の天然完美生活. all rights reserved.