完美世界~ペテルギウス鯖でこっそり生息する朱子蘭の生態報告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の不思議体験⑦(痴漢編)
こんにちは
完美ペテル鯖にひっそり生息しているしゅすです

今回は、今までに遭遇した痴漢さんとかストーカー、フェンタイさんの話をいくつかしてみたいと思います

学生時代は、東京まで電車通学をしていたので、数々の痴漢遭遇体験があります

まずは、車内が混雑しているのに立ちながら新聞を読んでいる人は要注意です

畳んだ新聞を見ながら、新聞を持った手で胸を触ってきます

次に座っている時も油断がなりません

座っている脚を密着させてくるのは当たり前

更に強者になると、座っている私の前に立ち、閉じている脚を自分の脚でグリグリしながら強引に入れてくるとか

座りながら腕を組み、組んだ腕から出た手で胸を触ってくるオヤジとか~

数々の痴漢遭遇事件で、護身道具(?)を持つ様になりました

そんな中、事件は起こりました

試験前はいつも課題製作に追い込まれ、一週間ぐらいは毎日2、3時間睡眠が続きます

それでも課題が間に合わず、通学に特急電車を使って、シートの中で製作に勤しんでいると、脚に違和感が

気のせいかと思い、また製作に集中していると何やら脚の辺りで動いている

視線を移すと、隣に座っているオヤジがシートに落とした手で私の脚にスリスリしてる

「また痴漢かいどいつもこいつもくだらない何が脚なんか触って楽しいんかいこちとら寝不足で気が立っとるっちゅうねんふざけんなや」と思いながらガン見

それでも懲りずにスリスリを止めないオヤジにブチ切れるしゅす

すかさずバッグの中からカッターを取り出し、スリスリしてるオヤジの顔の前に持っていき、妖しく微笑みながら刃をチキチキと出してやりました(大友克洋の漫画の「童夢」にもこういう場面が出てきますこの中では、カッターの刃をチキチキ出して、自らの首をに切りつけてスプラッタになります機会があったら是非見てください)

カッターの刃を出しながら、妖しく微笑む私に恐れをなしたオヤジは、手をビクッとさせ引っ込めました


それからのオヤジは、ちらちらこちらを見ながらもソワソワ

またスリスリされるのも嫌なので、オヤジの見える場所に刃を出したカッターを出しながら課題製作に集中するしゅす

そうこうしていると、停車駅に着いたらしく慌ててオヤジは降りていきました


勝利の余韻に浸りながらも、何とか試験課題を作り終え、無事に試験は合格しました~



スポンサーサイト

私の不思議体験⑥(後編)
こんにちは
完美ペテル鯖にひっそり生息しているしゅすです

今回の話しは、同僚3人と前編に出てくる、北側に玄関があって正面に大きな鏡があり、霊の通り道になっている建物で残業している時に起こった出来事です

まずは同僚の紹介
年長のKちゃん(水瓶座)前に掌から金粉(?)が出た彼女です。次が私より一つ年下のSちゃん(蠍座)、一番年下のYちゃん(蠍座)、そしてしゅす(蟹座)です


それぞれ自分の机に向かって仕事をしていると、急にSちゃんが「んっ、今 廊下をおじさんが通らなかった?」と言い出した(玄関は鍵を掛けているので、無断で建物に入ってくる事は出来ません)

真面目なYちゃんが「私、見てきますね」と言いながら立ち上がろうとすると「今、行っちゃダメ~さっきから歩いてるのは判ってたけど、やばそうなのだから黙ってた」と制止するKちゃん


「ということは……また例のあれですか~?」

はいまずKちゃん彼女は物凄い霊感体質の持ち主で、弟がやたらと外から霊を連れてきてしまうので、それから霊を見れるようになってしまった強者(?)なんです


次はYちゃん彼女はやたらと霊を呼び寄せやすい体質らしく、寝ていて霊が現れ、自分の胸の上に霊がドスンと落ちてきたり、とにかく霊の誘蛾灯みたいな存在

Sちゃんは、霊を見れるだけではなく、周りにもその影響を伝えてしまうようなスピーカーみたいな体質

そんな3人に囲まれているので、やたらと私まで霊体験(?)に遭遇する羽目に

今回も霊が来てるんですね

見ることはできないけど、さっきから全身がチリチリした感じがするんですけど

ヤバ系のが来てるみたいだし、この場はKちゃんのいう事を聞いて静かにしてよう

しばらくするとKちゃんが「ふ~やっといなくなったちとお清めしてくるわ」と言いながら、胸元から何やら小さな包みを出してきて、それをそっと開き、中にあった白い粉を廊下に少し撒いている

戻ってくると「今のお塩だから時々こういう事あるから、いつも胸の所に入れてるんだ」との事


Kちゃん曰く、水の星座の人は霊感を持っている人が多く(私たち4人水の星座)、それにこの場所(霊の通り道になっているらしい)、さらに、4人それぞれが持っている霊体質が重なって強く影響するらしく、霊が現れやすいみたいです

今は4人、それぞれの生活をしているので会う事も無くなったから、前みたいに霊を見たり感じたりする事はなくなりました

良かった良かった



私の不思議体験⑥(中編)
こんにちは
完美ペテル鯖にひっそり生息しているしゅすです

今回の不思議体験は、催事場であるイベントの準備をしていた夜の出来事です

3Fにある催事場で、数人の社員と準備をしている時に、セロテープが無くなってしまった為に2Fに取りに行く事に

まずはこの建物の説明をしますね

建物と扉を隔てて病院と隣接しています

そして、催事場がある建物の1Fには昔、霊安室になっていたという噂が

その2Fに単身セロテープを取りに行った私


2Fへ階段を降りていくと、何ヵ所かだけ、ぼ~っと青白く光る非常灯だけであとは真っ暗

手探りで奥の方にあるカウンターまで行き、引き出しの中から手探りでセロテープを取り出し、慌てて引き返して階段を上がろうとすると、階下から「ポンポンポップコーン美味しいよみんなで美味しく食べようね」という声が聞こえてきた

実は、1Fに階段を降りた所に飲み物とポップコーンの自動販売機が置いてあります

このポップコーンの自動販売機は、機械の前に人が立つとセンサーが感知して先程のメッセージが流れる仕組みになっています

もちろん1Fには人は誰もいなく、電気も消えて真っ暗になっています

センサー感知する対象がいる筈もないので、メッセージが流れる訳はないのです

恐ろしくなった私は、脱兎の如く階段を掛け上がり「今ね、2Fに行ったら、1Fにあるポップコーンの自動販売機が急に喋り出したの誰か下に降りてるの?」と聞きました

すると、みんなの返事は誰も下にいないとこの建物にいるのは、今ここにいる人だけしかいないと

ならあの声が聞こえて来たのは何故?人がいなかったら喋らないのに

もしかしたら、幽霊さんがいたの?だから機械が反応して喋っちゃったの?何も私がいる時に喋ることないじゃない

結局、それから機械は喋る事もなく、喋りだした原因も今でも判りません

私の不思議体験⑥(前編)
こんにちは
完美ペテル鯖にひっそり生息しているしゅすです

私が働いている職場は、近くに落ち城があったり、ある建物は病院と隣接していたり、私のいる建物は北側に玄関があり、廊下を進むと突き当たりに大きな鏡があります(北は霊界と繋がりやすく、鏡は霊を呼びやすいんですだから、必然的に霊が集まりやすい)

そんなこんなで、いろいろ不思議体験をさせて頂いております


まずは、私が入社した当時からとても親切にしてくれたYさん

まるで父親みたいにいろいろ仕事を教えてくれたり、お茶目でちょっとエッチだけど、とても回りの人から信頼され人望もあった人です

でも、この人はガンを患って亡くなってしまいました

亡くなって、しばらく仕事をする気にもならなくて脱力していたある朝のこと

ぼ~っとしながらテレビを何気に見ながらベットに座り、ストッキングを穿いていると、何となく視線を感じる

何だろうと思いながら、右斜め上を見るとそこにYさんの姿が

はっきりとは見えないけど、生前のとぼけた表情で見下ろしている

何故か怖さを感じなく、会いに来てくれたんだと思いました

心の中で「Yさん、私の事が心配で見にきてくれたの?何も私がストッキング穿いてる時に来なくてもいいのに相変わらずエッチだね~」と思っていると、静かにいなくなってしまいました

それから度々、一人で残業している時に、トイレや台所に行く為に例の鏡のある廊下を歩くと、Yさんが後ろからにやにやしながらついてくるのでした

そんなことが起こっても、相変わらず怖さも感じず、Yさんがいてくれるのが有り難くて、少しづつ仕事にも専念できる様になっていきました

しばらくすると、Yさんも私がもう大丈夫と思ったのか、もう現れることはなくなってしまいました

ちょっと寂しいけど、今でもどこかで見守っていてくれるような気がします

私の不思議体験⑤
こんにちは
完美ペテル鯖にひっそり生息しているしゅすです

先日 完美関係の記事を読んでいると、夫婦専用のエモーションを検討しているとの内容が
きっとディープになるんでしょうね
旦那様、やったにょ~

さて、少し時間が空いてしまいましたが、私の不思議体験です

あれは丁度、梅雨に入ったぐらいのとても蒸し暑く、雨が降っている夜の事です

我が家の周りは、夏の夜には蛍が飛んだり、道を歩いていると沢蟹が道を横断したりと、物凄くド田舎です

そんなド田舎に、仕事を終え、バスを降り、街灯や民家もちらほらしかない道を家まで歩いていました

そんな時に、目の前で何やら蠢いてるものが

微かに街灯の明かりが当たり、形までは判りませんが複数の物体が動いていました

恐る恐る近づいて目を凝らすと、おたまじゃくしからカエルになったばかりのが十数匹、飛んだり跳ねたり

個人的には、生のカエルちゃんは苦手な方です

「やばいな~こんなにいたら踏んづけちゃうでも、回り道ないし帰らない訳にはいかないし上手く避けながら帰るしかないよね」と心に決め、また歩き出しました

一歩足を踏み出す毎にカエルちゃん達がぴょぴょぴょ~んと

物凄く遅い一歩一歩を踏みながらひたすら家に向かう私

数分歩いてもまだ家に着かない

そんなこんなしてると、カエルちゃん達の数が急増してきた

一歩歩く毎に、地面がざざざざっという風に動く感じに(昔、マラブンタとかいう蟻の大群の映画があったけど、そんな感じ)

数十匹なんていう数じゃなくなってきた~

「何なんだこれはまさか大地震の前兆?こんな日に限って、車も人も通らないこんなんじゃ家に帰れないにょ~」と泣き言を言っていたら、回り全部を数百匹のカエルちゃん達に取り囲まれて、戻ることも出来なくなっちゃった

絶体絶命のしゅす

この頃になると、目からは涙、体中からは冷や汗が吹き出していました

半狂乱になりながら、傘を畳んで地面を掻くとカエルちゃん達の群れがざざざざっ

「もういや~カエル怖いよ~何なのこのカエル~嫌だ~あっちいけこら~」と泣き叫びながら、カエル達を掻き分け何とか家に辿り着くまで約30分

後には、雨で全身びしょ濡れになり、泣き腫らしてボロボロなった私だけ

今から思えば、たまたま蒸し暑くて温度が高かったのと雨が降っているとかの環境が、丁度カエルちゃんになるのに適していたんでしょうね

しっかし、数百匹のカエルちゃんなんて、普通見れないよな

しかも周りを取り囲まれるなんて、普通はないよね

出来ればもう、カエルちゃん達に囲まれて、家に帰れなくなるような体験はしたくないぞと思うしゅすでした

暑い~><
暑いですね~><
完美ペテル鯖で夏バテしながら、ぐったりしているしゅすです;;

もう、毎日暑いの何のって><

こんな暑いときは、西伊豆辺りを車かっ飛ばしてドライブしてぇ~><

という事で、お勧めの曲を^^@




ということで、メイン戦士がとうとう101になりました^^;

また、土壇場までレベ上げしようかどうしようか悩んで^^;

で、結局 旦那様にレベルアップしてもらう所を見てもらいたくて、夫婦クエをして101になりました^^

夫婦揃って102、103になれたらいいなと^^

でも、もの凄い経験値が必要なんですわ^^;

PS;秘蔵っ子は、只今55になりました^^@
これで遊んでいる時が、もの凄く気楽だったりします^^;


毎日暑いですが、皆様もご自愛のほどを^^*

私の不思議体験④
こんにちは
完美ペテル鯖にひっそり生息しているしゅすです

今回のお話は、前回に引き続きTちゃんのお話です

KYでマイペースにご乱行(リバース)する事は今まで何度もあったという情報を貰い、彼女とは一緒に遊ばないぞと強く誓ったしゅすです

そんな折りに、私が所属する部署とお取引様との恒例懇親会も近づき、今回は度々飲み会にも一緒に参加している後輩さん逹も一緒にボーリング大会をする事になりました

幹事の大役(?)を仰せつかり、参加者を集いメンバー表作ったり、ボーリング場に予約入れたり、夕食(マックです)の手配して取りに行ったりと奔走しておりました

出席者に「Tちゃんには絶対に知られないように」と極秘に通達もし、いよいよボーリング大会開催の当日になりました

仕事を終わらせ続々と集まってきた参加者

事前に手配しておいたメンバー表に基づいて、各自あてがわれたブースに入り挨拶したりボールを選んだり、靴を履いたりして準備している様子

用意したマックを配りながらみんなに挨拶をしていると、入口の方からTちゃん登場

「何で彼女には話してないのに来たんだメンバー表にも入ってないし食事も用意してないじゃん誰が彼女に教えたんじゃい」とわなわなしていると彼女が近づいてきて「来ちゃった」と一言だけ言い、勝手に空いてる席に座ってちゃっかりボーリングの準備を始めました

私の怒りが爆発し、文句を言いに行こうとすると、気配を察した数人が私を羽交い締めに

「業者さんもいるから、ここは一先ず穏便に我慢してください」という言葉に無理矢理平静さを取り戻し、すぐにフロントに行ってメンバー表を修正してもらって自分のブースに戻って準備を始めてると、後輩のSちゃんが申し訳なさそうに近づいてきて「すみません私がTちゃんに喋ってしまいました仕事が終わって、慌てて走ってたらTちゃんに呼び止められて、何をそんなに急いでるのかと聞かれて、ついボーリングに行くと言ってしまったんです~まさか来るとは思ってませんでした~本当にすみません」と涙ぐんでいる

「うんうん事情は判った普通なら(←ここ重要)呼ばれてなければ来ないんだから勝手に来ちゃってちゃっかりやってるのが普通じゃないんだから
Sちゃんが悪い訳じゃないんだから気にしないで遊んでね」と話しながらも、私の心の中にはまた、Tちゃんへの怒りの炎がメラメラと燃え始めていました


すると今度はTちゃんと同じグループになったYちゃんが血相を変えて慌てて私の所に

そしてYちゃん曰く「Tちゃんが同じグループの業者さんの夕食、食べちゃってるんです~私のはもう手をつけてしまってるんで、どうしたらいかと思って」と

無理矢理押さえてた私の怒りも頂点に達し、とうとう我慢の限界を越え、一発ぶん殴ってやろうかと思ってTちゃんに向かうと、また気配を察した数人がすっ飛んできて私を羽交い締めに

しゅす「ぐぬぬぬぬ離せ~一発ぶん殴らないと気がすまねぇ~」(すみませんめちゃめちゃ短気なんです)


後輩「しゅすさん、落ち着いてください業者さんが見ています」という言葉にまた脱力し

後輩Sちゃんに「これ私のだけど、手つけてないから業者さんに持っていってあげて」と言いながらTちゃんの方を見ると、ニコニコ楽しそうに笑っている~


結局Tちゃんはボーリングを一人満喫し、私のスコアは散々な状態に

気分が荒れてるのと空きっ腹で、乱投につぐ乱投で、ボールがバウンドしたりガータばっかり

そんなTちゃんも今では二児の母


恐るべきTちゃんの話し二連発でした

私の不思議体験③(後編)
こんにちは
完美ペテル鯖にひっそりと生息しているしゅすです

前回に引き続き、Tちゃんの話です

凄い勢いでビールと揚げ物を口の中に入れていくTちゃん
目も座り、顔もむくんでどす黒くなり、いつ具合が悪くなってしまうのかと思っていると、無事(?)に忘年会も終わり、メーカーさん逹と上司をお見送りし、これからどうしようか~と相談

どうやらカラオケに行くという話が決まり、カラオケ苦手な私は遠慮して帰ろうかと思っていたら、私の前にいた後輩のMちゃんがこちらを見てムンクの叫び

「えっ、どしたんだ?」と思いながら振り向くと、私の後ろで静かにリバースしてるTちゃん

「やっぱりあれだけ注意したのに」と思っている間もまだリバース

足元には大量の吐瀉物が(お見苦しい内容ですみません)

周りにいた男性社員含めて7、8人もあまりの光景に固まって見ているばかり


Tちゃんが出しきった頃に、やっと数人が動いて彼女に声を掛けていました

暫くするとTちゃんも少し具合が良くなったみたいなので、帰るのかと思っていると、みんなと一緒にカラオケに行くと(すでにこの辺りで怒っているしゅす)

みんなも行くのを止めても「大丈夫だよ~んもう元気になったし」と言ってカラオケに行くことに

私は呆れながらも帰る事にしました

翌日、昨夜の惨劇であまり寝れなかった私はとぼとぼと会社に向かって歩いていました

すると、昨日 あれからTちゃんとカラオケに行った後輩のMちゃんが走ってきて、あの後の話をしてくれました

結局、みんなとカラオケに行ったTちゃんは、カラオケ数曲をまた豪快に振り付けしながら熱唱し
途中でまた具合が悪くなって、強制送還されたらしいです

恐るべしTちゃん教訓!絶対もう彼女とは飲みに行かないと強く誓ったしゅすでした

次回のお話は、またお騒がせなTちゃんのお話です

暫しお待ちください

私の不思議体験③(前編)
こんにちは
完美ペテル鯖にひっそり生息しているしゅすです

通勤途中、歩いてたら電線に2羽の鳩が寄り添って、片方の鳩がもう片方の鳩の羽繕いをしていました
ほのぼのとした気持ちになりました

さて、今回も「私の不思議体験」です

今回は、会社の後輩のTちゃんのお話です

Tちゃんの容貌は、朝原彰昇とパタリロを足して2で割った感じ
いつもボソボソ話して、時々(いつも)ニヤニヤしながら歩いている彼女です

ある日、彼女と私の部署のメーカーさんも含めての忘年会があった時の話です

普段はあまり自分から話さないTちゃんが、専務指名でカラオケを歌う事に

何を歌うのかと思っていると、何とフィンガー5の「学園天国」を歌い出したから場内一斉に唖然

しかも豪快に振り付けしながらの熱唱
普段の彼女からは計り知れない弾けっプリ

気持ち良く歌いきった彼女は満足気にしながら私の斜め前の席について、テーブルの上にあったを一気飲み

その後、我が目を疑う光景が繰り広げられるとは流石の私も予想できませんでした

メーカーさん逹の所にお酌をしながらご挨拶回りを終え、少し食べ物をつまもうかと自分の席に戻ると、Tちゃんが物凄い勢いで、テーブルに置かれた大皿に盛られた、巨大ウインナーやら鳥の唐揚げ、ポテトフライなど油っこい物ばかりをクッキーモンスターの様に貪っていました

しかもビールも流し込む様な状態で、顔もむくみ、顔色もどす黒くなってきた

思わずTちゃんに「ねねちょっと食べ過ぎじゃない気持ち悪くないの?」と言うと…
Tちゃん曰く「え~、大丈夫だよ~ん」と言いながら、骨付き鳥の唐揚げをガシッと掴み、口の中に縦に突っ込んで、骨をガガガガッと引っこ抜き、目の前のお皿にポイッ次から次へと唐揚げを口の中に放り込んではガガガガガッ

骨には見事に肉がついてなく、恐ろしくも凄いものを見ているようで目が離せませんでした


益々顔色が悪くなり、目が座ってきたTちゃん

「これはヤバイでっせ~」と恐怖に怯える私の前で、まだ食べまくるTちゃん

この後、驚愕の結末が私を襲うのでした

この続きは次回に

私の不思議体験②
こんにちは
完美ペテル鯖にひっそり生息しているしゅすです

完美の方は相変わらずGメンのお手伝いをしたり、戦士と妖精のレベ上げもせずに、天界で掘りしたり、秘蔵っ子キャラのクエ&褒美したりとまったり過ごしております

という事で前回に引き続き「私の不思議」体験です

今から十年程前、同僚も退社し、一人で会社に残って仕事をしていた時の事です

部屋で仕事をしているとドアをノックする音が
いつもは玄関のドアに鍵を掛けて仕事をしているのに、たまたまその日は鍵を掛けるのを忘れてしまっていました

席を立ってドアの方に向かうとそこに一人の女性が

年齢は30代後半から40代前半、小柄で長めの髪の毛を無造作に後ろでまとめ、ポロシャツにジーンズという様相です

今までに見た事もなく、うちの会社に用事があって来たという雰囲気ではありませんでした

一瞬、彼女が何故ここにいるのか?私はどういう対応をしたらいいのか?を考えていると、彼女が無表情で近づいてきました
そして第一声が「すみません、これ食べてもらえませんか」と言いながら、私の方に何かを差し出してきました

見ると、彼女の手には小さいタッパーがあり、中には数種類の漬け物らしき物が入っていました

またまたここで、私の未熟な脳みそがフル稼働「一体この人は誰なんだ?何でここにいるのあの手の上に乗ってる漬け物らしき物体は何~何故私にこれを食べさせようとしてるのもし食べるのを断ったら何されるんだ?もし私に危害を加えようとしたらどうやって逃げよう応戦する武器はないか」とこの異常事態にパニックを起こしていました

更に彼女は私の方に一歩近づき「食べてもらえませんか」と

意を決した私は「すみません、今 仕事中なので」とただ一言

すると彼女は「はい」と一言だけ発して部屋を出ていきました


暫く放心状態の私
はっ(゜ロ゜;と気が付いて慌てて玄関の鍵を掛け部屋に戻ってきました

「は~っ何にもされなくて良かったよ~すげ~怖かった~」と一人で涙ぐむ私

結局、彼女は誰で、何がしたくて来たのか今でも判りません


私の不思議体験①
こんにちは
完美ペテル鯖にひっそり生息しているしゅすです

完美の方は、これといった目新しいこともなく、強いて言えばやっとこレグアスとチムルを装備できたことぐらいです

ということで、前に遊んでいたサイトで掲載していた「私の不思議体験」をまた書いてみようと思います

そのサイトにいた時のハンネは「κια」です
アクセスランキングも常時10位以内で、アクセス数も1日1000~2000ぐらいを叩いていました
もしかしたら、このブログを見てくれた人の中で覚えていてくれてる人がいるかもしれませんね

まず最初は、とある駅での不思議体験です

今から十数年前、帰宅する為にO駅へ
ホームに上がって急行待ちをしていると、先発の各駅電車が止まっていました目の前を一人の男性が横切りました
その男性は50代、中肉中背、地味な背広を着て何故か両手に白い手袋

どう見ても駅員さんではなく、とても興味を引かれたので暫く凝視

するとその男性は先頭車両まで行き、白い手袋をはめた右手を腰の位置まで上げ、車体の側面を人差し指でツーっとなぞりながら後方車両まで歩いていくのでしたしばらくすると今度は左手の人差し指を車体につけてツーっと

その頃には周りで電車待ちの人達も、その男性の不可思議な行動に釘付けで、ホームを行ったり来たりするのを凝視していました

止まっていた電車が発車するということで、ホームにいた駅員さんに何か注意されていたみたいで、その人はすぐにいなくなってしまいました

結局、その男性が誰で、一体何をしたかったのか今でも判りません
Copyright © 朱子蘭の天然完美生活. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。